So-net無料ブログ作成

1/144HG CBY-001.5  1.5(アイズ)ガンダム [ガンダムな日々]

1-5g_tocyu.jpg

作画参考用に先日 バンダイホビーさんから
アイズガンダムの試作パーツが送られてきました。
もう ほとんど製品版に近い状態です。
いつもありがとうございます。

いままでは リボーンズガンダムの背中のファング(?)を外して
(リボーンズキャノン時の砲塔部)
アタリの参考にしていましたが これで バッチリです☆
作画時に立体があると かなり助かります〜☆
(00のMSは立体が把握しやすいのでそんなに苦労はしませんが)


1-5g_dekita.jpg

今さらですが「0ガンダム」の次に開発されたイノベイド専用機が
「1ガンダム」。
そのパワーアップ型がこの「1.5ガンダム」です。
それぞれアルファベットをイメージして
「オー」「アイ」 そして「アイズ」と呼称します。
(勘の良い人ならこの次に来る機体を想像してしまうでしょうけど
 現状 その機体の開発予定は残念ながらありません!(笑)
 ホンダのハイブリッドスポーティーカーっぽい名前の可変機☆
 私も見たかったのですが(^^;))


で、アイガンダムから アイズガンダムへパワーアップの
外見の大きな違いは 見てすぐわかるとおり 背中のバインダーです。
これが シンプルながら可動部の巧みな構成で
いろいろな形態にフォームチェンジが出来る優れもの!
このキットでもよく再現されています☆
タクティカルアームズじゃないけど
いろいろポーズを変えて かなり遊べるように出来ています!


1-5hin.jpg

パープルよりの青と白の機体が また新鮮で
リボーンズガンダムの赤白とは違ったクールな感じがイイですね☆
「もしも」のソレスタルビーイング武力介入がイノベイドだけで行われていたら
GNキャノンたちとともに青いMSが世界中を飛び回っていたのかも?

もうしばらくすると出る「ガンダム00I」2巻のカラーページで
そのイメージシーンがありますが 作画の際 戦隊物のように
5色にしちゃったら面白いかもと思ったのですが
千葉さんに「ダメです☆」と言われました(笑)。
キットなら自分で塗って そういう遊びもできて楽しいかも!(笑)


15andast.jpg

アストレアFとの 2ショット。
背の高さがかなり違いますね。
設定だと頭頂高が アストレアFが約18mに対し
1.5ガンダムは 23mあります。
νガンダムより大きいんですね☆
キットのサイズ的にはこのくらいの方がボリュームが出て
存在感もあるし、組みやすいです(笑)。

今月下旬ころ(?)発売予定ですので
よろしければ みなさまも ぜひ!

HG 1/144 1.5(アイズ)ガンダム

nice!(5) 
共通テーマ:blog

nice! 5

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。