So-net無料ブログ作成

SONYミニスピーカー SRS-M50 [趣味:音楽鑑賞(笑)]

ソニーのアクティブスピーカー
SRS-M50
こいつがただ者ではないというので購入。
(近くの電気屋さんが閉店セールで表示価格の2割引だったので(笑))

srsm50_2.JPG
その実力やいかに!?
ポイントは「スピーカーをかじる」です(笑)

・・・あ、今回もガンダムとは関係ない話ですので
興味のある方のみ続きをどうぞ(^^)


見た目はよくある ころっとしたミニスピーカーで
ウォークマンとか(まぁiPodとか(笑))の
ヘッドホン端子につないで使うアンプ内蔵のスピーカです。
デザイン的には「SONY」と刻印されていなければパッと見
ドンキあたりの安物コーナーで300円で売っているか、
クレーンゲームの景品のような「チープな」モノです。
でも定価税込み 6195円。イメージよりちょい高めですね。

このスピーカー
季刊・オーディオアクセサリー」という
オーディオマニアしか読まない厚くて重い雑誌の
(最近のホビー誌の方が重いか(笑)(DHMはちょっと軽くなったね♪))
「江川三郎実験室」という記事で紹介されていて
とにかく見かけから想像出来ないほど音が良いと。

ホントか?
・・・で 聴いた感想が

「ホントだ!見かけよりずっと良い音だ!」  です。

この手のスピーカーはたいてい中域しか出ずに
「キャンキャンカシャカシャ」という音。
高音は伸びきらずに低音なんて望むまでもない。
ボリュームを上げるとすぐ歪む。
ともかく「鳴ればいい」程度のモノが多い。

ところがコイツは スッキリ伸びやかな澄んだ音に加え
音像の分解能力が高く 低域も「っぽく」出ている。
さすがに大入力ぶち込むと歪みっぽくなりますが(笑)。
このSRS−M50とipod…いや、ウォークマンがあれば
高音質デスクトップオーディオが出来上がる、といった感じだ。

ー と 言っても
あくまでもこの「クラス」ではと言うことで
何十万円もするコンポと比べてはダメだよ。
つられて買ってみて
「え?こんなショボイ音かよ!」と言われても困りますからね(笑)
こんなもんで部屋いっぱいにズンズン響く音が出るわきゃぁ無い!(笑)
セッティングによっては ちょっとしたミニコンポよりは
良いかもしれないけどね(笑)。

srsm50_1.JPG

手に持って 耳の高さにするとバランス的には良い感じ♪
机の上に直接置いたら 音の反射などでくすんだ感じになったので
材木の両端に両面テープで固定して それを三脚につけてみた。
こんな感じで前方50cm位に置くと なかなか良い感じ。
出来れば 底にネジを切って 太めの金属パイプとかでスタンドを作ると
もっとよさそうだ。
大河原先生みたいに金属加工が出来るならやってみたいなぁ(笑)。

「江川三郎実験室」では胸の前にぶらさげるか
胸ポケットに入れると 音が良い!という記事でしたが
(「ハーツうんうん」のネーミングはわたしのセンスとはあわないなぁー(笑))
確かに胸に当てると 低音も身体に響いて良い感じ。

で、ふと思った
この材木をくわえたら・・・

かじってみた(笑)
spkajiri.jpg
(写真を撮ったのですが見苦しいのでイラストで(笑))

「すげぇえええええ!!!」

骨伝導で頭の中にビートが響き渡る!
音像は外にあるので
ヘッドフォンのように圧迫感がない!
まさに新感覚サウンドシステム!!




・・・・だめだぁ あごが疲れて一曲もたない〜(^^;)

「ときた洸一実験室」あえなく終了。
でも、ちょっと楽しかった♪ お試しあれ!(えー!?試すの?(笑))
nice!(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。